家電 引越し

大型家電の引越しを格安するに見積もりのとり方とは?

エアコンの機種や年式を確認する引越し業者の施工スタッフ

引越しの費用をできるだけ節約したいと考えていても、自分では運べない大きさだったり、取り付け取り外しが煩雑で自分にはできない作業だったりするのがエアコンや洗濯機等の大型家電です。

とくにエアコンの場合、取り外しの前に内部にあるガスをいったん室外機へ集める「ポンプダウン」という作業をするなど専門的ことが多いので、電化製品の取り扱いに慣れていない素人にはなかなかできることではありません。

家電やエアコンを新居に引越し、移動するときの節約ポイントを見ていきましょう。

エアコンの引越し見積もりを取るときの節約ポイント

エアコンの引越しについては、引越し業者では有料のオプション扱いとなります。

大手引越し業者では下記のようなプランを用意しているところがほとんどです。

基礎工事(呼び名は各社で違います)

エアコンの室外機の設置場所がベランダや地面置きで、既にエアコン専用の穴やコンセントがある(通常、エアコン用の壁の穴を塞ぐためのエアコンキャップやウォールキャップと呼ばれるものが引越しする前の物件と引越し先のどちらにもあります)等、一般的な工事内容であり、配管の延長やガスの補充などが一切ない場合の工事。

一般的な標準工事の内容については以下のページ
エアコン移設の費用〜取り外し取り付け工事費の相場は?を参考にして下さい。

エアコン工事パックプラン(基本工事+よくある追加工事のパック)

基本工事とよくある追加工事がパックになったパックプランは、引越し先で配管の延長が必要になったり、ベランダに置くためのプラロックと呼ばれる土台が必要になったり、ガスの補充が必要だったり、その他現場合わせが必要になった場合の料金を含んだプランです。

(パック商品は、ヤマトのエアコンパック、アリさんマークのスーパーパック等があり、呼び名は各社異なります。)

基礎工事代金は1万円前後のことが多く、パック商品の場合は2万円以上となります。

単純に2倍もするとなると、「どちらも新しめの賃貸だし、たぶん基礎工事で大丈夫」と判断してしまうのは危険です。

エアコンのガスは使用している間にも少しずつではありますが減っていますし、引越し作業でさらに減ることが多く、ガスの補充が必要になることが少なくないです。

更に傷んだパイプをそのまま使うことは危険ですから交換が必要になる場合も多々あります。

そして、基礎工事で見積もりを取ってしまった場合、あとから追加料金が必要になったからといって現場で「パックに変えてください」ということはできません。

ガスの補充に1万円前後かかってしまえば、それだけでもうパック商品と同料金ですよね。

さらにパイプの交換や延長が入ればもっと費用はかさみます。

このように想像以上の追加料金が発生により、結果的にパック商品の方が格安になるケースは多いのです。(特に引越し業者にエアコンの移設を依頼する場合は、マージンを取られる下請け業者は追加料金によって利益を確保しようとする為、より高くなるこ可能性も)

エアコンの引越しを引越し業者に依頼するなら、追加料金のかからないプランにした方が結果的に節約になる可能性は高いといえるでしょう。

大型家電の引越し見積もりを取るときの節約ポイント

引越しの見積もり額を計算する引越し業者

引越し業者に大型家電(冷蔵庫・洗濯機など)とエアコンの移動をしてもらい、他の荷物は自分で運ぶ、と考えているとします。

そう考えていても、全ての荷物を運んでもらった場合の見積もりも出してもらいましょう。

なぜなら、使うトラックによっては大型家電だけでは空きができてしまうため、他の荷物を一緒に乗せてもほとんど料金は変わらないということがあるからです。

引越しの見積もりは、比較サイトや引越し業者のサイトで簡易的に取ることができますが、最終的には引越し業者の営業担当者に自宅へ来てもらい正確な見積もりを出してもらいます。

その時が、ネットでは伝えられなかったことを伝えて尋ねるチャンスです。

トラック1台を動かす費用は同じですから、大型家電を載せたあとのスキマに他の荷物を載せても1万円〜2万円程度しか費用がかわらないということもよくあります。

そうした見積もりを「積み切り」といいますが、自家用車に載せることのできる荷物量とトラックでは大きく違いますから、大きなものだけを運ぶ見積もりを正確に出してもらった後には、「スキマに載せられるだけ載せてもらった場合はあといくらくらい追加になりますか?」と尋ねてみてくださいね。

場合によっては大きな荷物だけでピッタリのトラックがあることもありますが、ほとんどは数万円だけの追加で載せられるだけ載せてもらえることが多いです。

また、すべての荷物を運んでもらうことにすると段ボール箱など引越しに必要なものをもらえるということを考えると、お得なパックがあれば自分でダンボールを用意するなどの手間が省けて便利です。

更に、営業担当者とのやりとりについては「他社にも見積もりを取っているから」と比較して値切るようなタイプの人よりも、「評判が良いそちらで是非やっていただきたいので、精一杯値引きしていただけますか?」と信頼してくれるタイプの人の方が結果的に良くしてもらえます。

値引きの面だけではなく、営業担当者の裁量でできることはいろいろあります。

段ボール箱やガムテープを多めに用意してもらえたり、段ボール箱を届けに来てくれるときに販促グッズを子どものために持ってきてくれたり。「車に載ってた分だけですけど」と油性マジックをいただいたこともあります。小さなことですが費用の節約につながりますよね。

引越し自体は作業員さんが行うので営業担当者に会うのは見積もりのときと段ボール箱を持って来てもらうときだけですが、営業担当者には良い気分になってもらうことでこちらも良い気分で引越しができますよ。

まとめ

エアコンなど大型家電の引越しは、費用がかかりますよね。

エアコンや洗濯機、冷蔵庫などの大型家電の引越しに、費用が大きくかかるようなら買い換えを検討するのもありだなと思います。

家電は進化していますから、新しいものほど省電力ですみます。

ずっと電気を使っている冷蔵庫や消費電力の大きいエアコンなどは5年以上使っているなら引越しを機会に買い換えを検討するのも良いかもしれません。

引越し料金を安くするための5か条

見積もりは最大50%の差がつく!!  ここで比較すれば間違いなし!!

引越し一括見積もりで一番安い業者をチェックする!

▲200社以上の中から希望の業者に無料で見積もり依頼ができます!▲