引越し 見積もり いつ

引越し業者に見積もり依頼する最適なタイミングとは?

いつ引越し業者に見積もり依頼するか?カレンダーを見ながら検討中

引っ越しが決まったら引越し業者の予約が必要ですが、一般的にいつ頃から見積もり依頼や予約は受付けてもらえるのでしょうか?最適なタイミングはいつなのででしょう?

また、見積もり依頼する為には、引っ越し予定日時や新居の住所等が必ず決まっていなければならないのでしょうか?

引っ越し業者に見積もりを依頼するべき時期や条件等についてくわしく調べてみました。

単身引越しと家族引越しの見積もり依頼時期の違い

単身引越しと家族引越しでは見積もりの依頼の時期に違いがあるようです。

どちらも一番多いタイミングは1か月〜2週間前ですが、2番目に多い時期が、単身引越しの場合は1週間以内、家族引越しの場合は1か月〜2か月前となっています。

引越し侍アンケート

(出典:引越し侍「見積もり依頼時期に関するアンケート」)

家族引越しの場合は荷物が多く、学校の手続き等も含めて準備が大変なこと、単身引越しは、荷物量も少なく、準備に時間があまり必要ない上に日程も調整しやすいこと、社会人の場合は異動発令から数日で本人だけが引越しするケースが多いこと、等が理由だと考えられます。

業者によってはホームページに引越しの空き状況や割引率を検索できるようなカレンダーを掲載していますので、なるべく料金が安くなる日に引っ越せないか検討してみるのもいいかもしれません。

サカイ引越センター
「お得な引越カレンダー」
アーク引越センター
「引っ越しお得日カレンダー」

格安に引っ越せる日がわかるサカイのカレンダー

格安に引っ越せる日がわかるアークのカレンダー

引越し業者の予約はいつから、いつまで可能?

2ヶ月前から予約OKです!

一般的にいつ頃から見積もり依頼や予約は受付けてもらえるのでしょうか?

大手引越し業者の予約可能時期

  • .サカイ引越センター

    約2ヵ月前から対応可能

  • 日本通運

    約2ヵ月前から対応可能

    (ただし、引越作業の集中日については、2か月前の依頼でも希望の日程での作業ができなくなる場合もあるとの記載もあり)
  • アート引越センター

    約3ヶ月前から対応可能

    余裕を持つなら1ヶ月〜2週間前頃迄がおすすめ、とのこと。

等となっています。

特に「いつから見積もりと予約を受付します」と明記していない業者も多いのですが、実際には引越し先と予定日が決まっていれば2か月程度前から見積りを受けてくれるはずです。

ただし、見積書の有効期限は3か月と決まっていますので、それ以上早い持期の見積もり依頼は受け付けてくれないかもしれません。

(ヤマトホームコンビニエンス・SGムービング(佐川急便)・アーク引越センター・ハート引越センターの公式サイトには、具体的にいつから見積もりを受け付ける、という記載はありませんでした。)

また、見積もりをとるおすすめのタイミングとして約1か月前を推奨している業者が多い印象です。

年度末や夏休み等の繁忙期でなければ、2週間前程度でも余裕があるようですが、繁忙期であれば2週間前でも希望日の予約が満杯、というケースもありますので要注意です。

つまり、できれば1か月前、遅くとも2週間前、繁忙期はできる限り早く見積もりを依頼して引越し予約をとったほうがいいということです。

日通アンケート「いつから始める?引越し業者選び」

(出典:日通アンケート「いつから始める?引越し業者選び」)

即日引越しは可能?見積もり予約いつまで受付てもらえる?

「突然の転勤が決まった、誰にも知られずに引っ越したい」「手伝いを依頼していた友人が突然のキャンセル」「借りられる予定のトラックが突然借りれなくなった」等の理由でどうしても即日引越しを業者に依頼しなければならないケースもあります。

しかし、予約もしていないのに即日での引越しが可能なのでしょうか?

調べてみたところ、日通に以下のプランがありました。

日通の単身パック当日便

日通の単身パック当日便ホームページ

単身近距離限定ですが、このように見積もり依頼当日に引っ越せるプランもあるわけです。

また、日通に限らず、殆どの引越し業者では、トラックが空いていて、移動距離が近距離から中距離程度であれば即日引越しは可能です。

(ただし、朝出発しても、到着が深夜になるような距離の場合、荷卸、搬入、トラックの騒音等の近隣問題で引き受けない業者が多いので距離によっては注意が必要です)。

もし即日引越しすることになり、1分1秒でも早く業者を探したければ、インターネットの一括見積サービス利用がおすすめ。昼夜を問わず、早い業者であれば数分で連絡が来ます。

急いでいる時には非常に心強いサービスです。

ちなみに、一括見積もりサイト【ズバット 引越し比較】では転居当日の午前中迄見積りでの予約を受け付けていおり、急な引っ越しにも柔軟に対応してくれる即日引越しOKな業者も紹介しています。

一括見積もりサイトズバットでは即日引越OKの業者も紹介しています

 ズバット引越し比較

見積もり依頼に必要な情報

訪問見積もりで見積もり書の説明をする引越し業者

では、実際に引越し見積もりを依頼する際に、何を伝える必要があるでしょうか。

正確な見積もりを出すには「新居の住所」「引越し希望日候補」「荷物量」この3つの情報が必要です。

ただし、全てが決定するタイミングは、人によって違いますし、具体的な新居が決まらない、捨てる荷物が決まらない、荷造りが進まない等はよくあることです。

上記の3条件が全て決まらないと見積もり依頼ができないのか?というと決してそんなことはありません。

新居の住所

物件は決まっていないけれど、住む場所が●●市●●区●●町、迄は決まっているという程度でも見積もりは十分に可能です。

ただし、あくまでも概算となり、新居の条件(新居前の道路幅、階数、階段やエレベーターの有無と幅、大型家具家電搬入での吊り作業やクレーンの要不要など)によって、追加料金やオプショナルサービス料金の発生の可能性があると考えてください。

引越し希望日候補

引越し料金は時期や曜日、時間によって料金がかなり違ってきます。

一般的に月末や3月、4月は料金も高くなりますので、●月の上旬、中旬、下旬のいつか、平日でも可能か、土日祝日のみか、程度は候補を絞りましょう。

候補となる何日かの見積もりを出してもらい、なるべく早く決定します。

尚、決める時期が遅くなると料金が変動することもあるので注意が必要です。

荷物の量

荷物は量やサイズによってトラックの種類が変わります。特に家具や家電については「持って行く」「持って行かない」をハッキリすることが必要です。

引越し会社の見積もり担当者は、荷造り前でも、部屋を確認して荷物量を把握することに慣れていますが、後から荷物が増えるとか極端に減ることがあると、見積もりに大きな差が生じてきます。

また、大型の家具や家電はもちろん、小型サイズの家具(椅子、棚等)は小さくても数が増えるれば場所をとり、積み切れなくなる可能性もありますので、うっかり申告忘れをしないように、見積もりの時に気をつけましょう。

尚、荷物の有料/無料処分や買取りを行っている引越し業者もいますので、見積もりの際に迷っている荷物について相談することも可能です。

以上3つの条件が全て正確に揃ってから依頼するのが理想ですが、上記のようにある程度分かっていれば見積もりは可能です。

繁忙期や月末、土日から予約が埋まっていきますので、引っ越し候補日が数日決まったら、なるべく早く見積もりを依頼することをおすすめします。

見積もりの取り方については⇒「引越し見積もりの手順・ポイント・注意点

早期の予約・見積もり依頼をおすすめする理由

早期予約割のある引越し業者

早期の引越し予約をおすすめするのは、

  • 繁忙期は予約が取れない場合もある。

  • 早期申込みで料金が格安になる可能性もある。

  • 早く業者選びを始めれば、余裕を持って複数業者と値引き交渉ができる。

等の理由があるからです。

繁忙期は予約が取れない場合も〜早期予約が重要な時期とは?

繁忙期は早期に予約しないと希望日に引っ越せないこともあり得ます。

一般論としては1か月前から2週間前であれば余裕をもって引越し予約がとれると殆どの業者が説明していますが、これは引越し需要がさほど多くない時期のこと。

繁忙期は需要が多い為、早め早めの予約が望ましくなります。

ちなみに、繁忙期とは人事異動発令がもっとも多い4月1日に間に合わせる3月中下旬、大学進学や就職に合わせる3月下旬〜4月上旬。

この時期は学校の春休みとも重なる為、3月半ば以降の土日祝日の午前便は1か月前でも予約するのが厳しい場合もあります。

引越し業者のトラックも人員も不足し、引越し料金は高騰します。

とはいえ、突然の異動、その他さまざまな事情によって繁忙期に引越しせざるを得なくなることもあるでしょう。そういった場合は、引越し予定日に固執しないことが得策です。

業者のトラックが空いている日に合わせて引っ越す覚悟を決めれば、予約を入れられる可能性も高まりまし、高額な繁忙期の費用が少しは抑えられるかもしれません。

どうしても譲れない出勤や登校といった予定以外は柔軟に考えるとうまくいくケースもあるはずです。

二重家賃の発生に注意

賃貸住宅の場合、退去日によっては新居と併せて二重家賃が発生することがあるので気をつけてください。

というのも、旧住居の契約内容によっては引越しした後も月内は家賃が発生したり、新居の家賃が日割りにならない等のケースがあるからです。

場合によっては数万円のムダな出費にもなりかねません。

こういった二重家賃で損をしない為には、

  • 引越し見積りや予約はなるべく早くとる

    直前になればなる程予約はとりづらくなり、希望日程で引越し出来ないことが二重家賃発生の原因になります。

  • 旧住居の賃貸契約内容を確認する

    退去日と家賃についての契約内容を確認して引越し日を調整しましょう。

    管理会社や大家さんに退去予定を申し出るタイミングにも注意してください。

  • 新居の管理会社、大家さんに連絡する

    事情を説明しお願いすることで、家賃発生日をギリギリ迄遅くしてくれたり、日割にしてくれる可能性があります。

以上の確認作業を忘れずに。

出来る範囲で少しでも余分な出費を抑えて節約したいものです。

早期申込みで料金が格安になる可能性もある

期申込で引越し料金を割り引くサービスを実施している業者もあります。

しあわせ便引越センターの早期予約割はなんと最大50%OFF割引に!

(出典:しあわせ便引越センター

大手ではヤマトホームコンビニエンス単身引越サービスの早期申込割引が有名ですが、地域密着の中小引越し業者も早割キャンペーンを行っている場合があります。

早割キャンペーンを行っている引越し業者の例をいくつかあげてみると、

  • ヤマトホームコンビニエンス

    早期申込割引〜1000円割引。(ただし、搬出日が14日以上先の引越で、搬出日が確定した場合。対象外期間あり)

  • 三八五引越センター(青森県)

    早割キャンペーン〜ダンボールの無料サービスや特別割引あり。

  • しあわせ便引越センター(宮城県)

    早期予約割〜1か月前までに予約すると運賃、オプションを除く料金が最大50%割引。

  • ヨシダトランスポート(埼玉県)

    引越し早割キャンペーン〜1ヵ月前予約で格安に。

  • 七福引越センター(埼玉県)

    早割キャンペーン〜引越日の10日前まで、かつ見積り利用から24時間以内にお申し込みの方は時間帯指定料サービス又は引越日までの日数により5〜10%割引。(例:10日前…5% 20日前…7% 31日以上前…10%)

業者側も料金を多少割引しても、売上が増え、スケジューリングも建てやすいというメリットがありますので、早めに見積もりや予約を依頼することで料金を更に安くできる可能性が高いといえます。

早く依頼すれば複数業者の見積もりを比較して値引き交渉ができる!

少しでも安く引っ越す為には複数業者への見積り依頼が必須

引っ越しの料金を引き下げるためには、相見積もりが欠かせません。

ライバル業者同士が競合すれば「最初の見積り金額は何だったの?」と驚くほど値引いてくれることも珍しくはないんです。

引越し一括見積もりサイト

引越し料金は業者によって最大50%も差がつくともいわれているのをご存知ですか?

競合もさせず業者を決めてしまうと、足元を見られ、高い引っ越しになる可能性大です。

一括見積もりサービスを利用すれば条件にピッタリの格安業者が簡単に見つかる!

引越し日が近づけば近づくほど、予約はとりにくくなる為、選択できる業者も減り、業者も強気の見積もりを出しがちです。

だけど、なるべく早くに業者選びを始めれば、複数業者に見積もり依頼もできるので、余裕を持って料金を比較し価格交渉することもできるんです。

インターネットの一括見積もり&予約サイトを利用すれば、家にいながらにして、効率よく複数業者の見積もり料金を比較することができるので便利です。

一括見積もりサイトを利用すると、自分で探していたら見つけることが難しい、あなたの条件にピッタリな格安優良業者を見つけられる点も大きなメリットです。

いくつかある一括見積もりサービスの中でも使い勝手がよく、完全無料なおすすめサイトをご紹介しますので、あなたの条件にピッタリな格安業者を見つけてください。

引越し業者の見積もり

引越し業者の見積もりは何と最大50%の差がでるそう・・・。

少しでも安く引っ越したいなら、見積もり比較は重要ですね。

安心の大手から地元で人気の優良業者まで260社以上の業者の中から希望の業者に見積り依頼できます。

      

入力は初めてでも簡単、僅か1〜2分!しかも無料!

>>一番安い引越し業者を探す!

見積もり依頼が遅れることのデメリット

では反対に、見積もりのタイミングが遅くなることのデメリットは何でしょうか。

希望の日時で引越しできない

人気の日、曜日、時間帯から予約は埋まっていきますので、見積もり依頼が遅くなればなる程、引越し希望日時が既に予約でいっぱいという可能性が高まります。

繁忙期の場合、平日にずらしても無理、最悪の場合、引き受けてくれる業者が見つからないという事態も有り得ます。

料金が高い

上記のように、希望日時に引き受けてくれる業者が少なければ、相見積もりをとる競争他社も少ない為、見積もりも高くなりがちです。

更に比較している時間的余裕がない為、値引き交渉の余地もありません。金額が高くても、依頼するしかないという状況になります。

荷造りする時間がない

見積もり依頼が遅くなるということは、当然、引越しの準備も遅れています。

荷造りは想像以上に時間がかりますので、とにかく大至急始めましょう。

予算に余裕があれば、荷造りだけでも任せるパックを依頼するのも一つの方法です。

参考⇒引越し荷造り・梱包のコツ〜上手な荷物のまとめ方や詰め方とは?