単身引越し

単身引越しを格安・スムーズに済ませるためのコツや注意点とは?

満足度の高い引っ越しに笑顔の一人暮らし女性

単身引越し料金を少しでも節約し、格安そしてスムーズに引っ越して、気持ちよく新たな一人暮らし生活をスタートするためには、どのようなことに注意して準備を進めればよいのでしょうか。

単身引越しというと、荷物の少ない引越しというイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

  • 家から初めて出て一人暮らしを始める為の引越し

  • 転勤による単身引越し

  • 家族のいる自宅から単身赴任の為の引越し

  • 単身赴任先から実家や自宅へ戻る為の引越し

等など、人によって事情が異なる為、引越し料金を左右する「荷物量」はかなり違います。

引越し業者に荷造りを手伝ってもらいました!

例えばベッドの有無、冷蔵庫・洗濯機・エアコンの有無等で、宅配便、単身パック、単身プラン、赤帽など、利用できる引越し方法の選択肢が多いのが単身引越しの特徴です。

特にベッドや家電の有無は料金を大きく左右する可能性が高いのをご存じでしょうか。

選んだプランによって料金がかなり違ってくる為、いかに不用品を処分して荷物を減らせるかが引越し料金を格安にする為の大きなポイントとなります。

どうせ荷物も少ないし・・・との思い込みで、何も知らずに引越し業者に見積りを依頼すると、万単位で損をする可能性もあります。

引越し業者の迅速な作業に満足する一人暮らし女性

また、日時も料金の節約にはかかせない条件です。社会人であれば、休前日の午前中に引越しを始めて、ゆっくり休んでから仕事に備えたいという希望があるのは当然です。

でも、曜日や時間帯は、荷物量以上に料金に関わってくる重要な条件なんです。

みんなが希望する休前日でなくても、荷解きは翌週末にやればいい、夜遅くなっても構わない、有休をとって平日に引っ越せる、等ほんのちょっと考え方や条件を変えるだけで、引っ越し料金がかなり安くなる可能性が高まります。

特に単身者の場合、家族の都合は考える必要がありませんから、自分が少し我慢するだけで、引越し料金がかなり安くなることがあるのです。

新居での新生活がスタート!

こういった事情をふまえ、「単身者の荷物量」「単身パックとプランの違い」「単身赴任の準備」「学生の引越し」「赤帽の特徴」「単身引越しを格安にする具体的な方法」等、単身引越し料金に関するコツや注意点について、様々な情報をご紹介しています。

ちょっとした工夫であなたの単身引越し料金が格段に安くなることもあるのです。知識を活用して賢く節約していきましょう。

「単身赴任先へ引っ越す」「大学入学を機会に実家を出て一人暮らしを始める」「就職で会社の寮へ入る」などの単身引越しには単身パックを検討する人も多いはずです。そこで、引越し業者によって単身パックの料金にはどのくら違いがあるのか、運べる荷物の量はどの程度なのかを、業者別に調べ比較してみました。

引っ越しと言えばトラックで家財道具一式を運ぶというイメージがあります。でも、実家を出て一人暮らしを始める、単身赴任、離婚や別居、会社の独身寮に入寮、家具家電付不動産への入居など、事情はそれぞれですが、引越しの荷物がダンボールのみ、大型家具家電等が無い引っ越しをする人もいます。このように引越しの荷物がダンボールのみの場合、宅配便で送る方が普通の引越し(単身パックも含めた)より安いこともあります。そこ...

単身引越しなどの荷物が少ない引っ越しをするなら、引越し業者の単身パックやミニ引越しプラン、ヤマト宅急便のどれを利用するのが一番お得でしょうか。ただ、荷物が少ないといっても、ダンボール(衣類や雑貨)、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、ベッド等の組合わせは様々。全体の荷物量も人それぞれなのでで、一概にどの引越し方法が一番安くなるとは言えないもの。そこでこの記事では荷物少ない引っ越しを出来るだけ安くするために、同...

単身引越しなら単身パック、と思う方が多いようですが、必ずしも単身パックが一番安いとは限りません。荷物量や距離、日時などによって、もっと安い引越しプランも存在します。単身引越しを安くする為には、パックとプランの違いや、特徴などを抑えた上で、しっかりと見積りを比較検討することが大事です。単身パックとは単身パックは特定サイズの専用コンテナボックスに荷物を入れて輸送する引越サービス。宅急便と違い、コンテナ...

(引用:全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会)赤帽は「単身引越し料金が安い」というイメージがありますが、大手引っ越し業者の単身パックよりも安いのでしょうか?また運べる荷物量にはどれくらいの違いがあるのでしょうか?そこでこの記事では赤帽の引越料金相場、運べる荷物量や、単身パックとの違い等についてくわしくご紹介していきます。

荷物が少ない一人暮らしの単身引越しを少しでも安く済ませたい!という方は要チェック。相場より安い見積もりを引き出すためにはどうすればいいのか?都内や県内、市内などの近距離と長距離の引っ越しでは安い業者やプランが違うのか?と疑問を持たれる方は多いはず。そこでこの記事では、単身引越しの料金を格安にする5つ方法をご紹介します。荷物の量や距離(近距離または長距離)、時期によって最安値となる引っ越しプランや業...

学生の引っ越しは入学、就職などお金がかかるタイミングと重なることが多い為、できる限り安く済ませたいものです。とはいえ特に入学時は2〜3月に引っ越し先が突然決まる上、全国的にも引越し繁忙期の真っ最中。予約をとるだけでも大変なケースも。そんな学生生活の節目となる引越しを効率的にすすめ、かつ安い費用で済ますにはどうすればいいのか、を様々な面から検討してみました。引越し業者選びやプラン選びの参考にして下さ...

単身赴任は発令から引越し迄の時間が殆どありませんから、やるべきことに優先順位をつけて、効率よく準備を進めなければなりません。手続きの見落としはないか?スムーズに引っ越しできるように単身赴任するまでにやるべきことをチェックして、計画的なスケジュールを立ててください。単身赴任するまでの流れ一般的に発令から赴任までに、まずやるべきことは「新居探し」と「引越し準備」です。新居探し大手企業で独身寮に入寮でき...