引越し業者 大手 中小

大手引越し業者と中小業者の違いは?

満足度の高いサービス提供をする引越し業者

引越し業者といえば、テレビコマーシャル等の広告で見かける有名大手企業の名前が頭に浮かぶと思いますが、実際には大手企業以外にも、地域密着、限定エリア内での引越し業務を行っている中小企業も多数存在しています。

こういった中小業者は大手と比較して料金が安いのか、またサービス内容はどうなのか?もし大手と遜色ない業務内容で、しかも安いのなら是非利用を検討してみたいですよね。

とはいえ、無名の会社はなんとなく不安なのも事実。

そこでこの記事では地域密着の中小引越し業者について、大手と比較しながらそのメリットやデメリット、選ぶ際のポイント等をくわしく解説していきます。

地域密着中小業者のメリット

近距離引越しが格安な地元業者

まず、中小業者ならではのメリットを調べてみました。

  • 近中距離の引越し料金が安い

    一般的に、中小引越し業者はテレビ広告費用、コールセンター運営費用等の経費をかけていない分、引越し料金を安くできると言われています。

    (とはいえ、時期や距離等その時の条件によっては大手の方が安くなることも)

    特に、自社所在地域を中心とした近中距離エリアでは大手より引越料金を安く引き受けることが多いのも特徴です。

  • 完全自社対応

    中小業者の場合、引っ越し作業経験豊富なベテラン社員が多いのはメリットの一つで、見積もりから引越し完了迄を全て自社の社員で行っている会社もあります。

    訪問見積りと現場作業を同じ社員が行うことで、荷物の内容や量についてしっかりとした確認がとれる為、非常に正確な見積もりが出せるのもメリット。

    また、スタッフのチームワークがよかったという声も多く聞かれます。

    更に、その地元地域を中心に企業活動を継続しているため、地元の評判を何よりも大切にしていることも安心材料と言えます。

  • 大手とは異なるサービス内容

    地元や近隣地域の顧客を大切にしている中小企業には、大手企業にはない「その会社ならではの」サービスが用意されていることもあります。

    例えば、

    • AV機器の配線、洗濯機の設置無料
    • エアコン取り外し1台無料

    • 地元業者との提携による不用品処分、買取サービス

    • 見積金額の完全確定による追加料金無しの料金設定

    • 荷物の一時預かり無料

    • 盗聴器発見サービス

    • 夜の引越し

    等、会社によって色々ですが、顧客のリクエストに応えようという姿勢が強く、柔軟な対応をしてくれるなど、大手とは異なる対応も魅力の一つといわれます。

地域密着中小業者のデメリット

カード台車を使う単身パックはありません

では中小業者の引越しのデメリットはどんなことがあるでしょう?

  • 営業エリアが狭い

    地域密着の中小業者の場合、自社対応エリアは基本的に近距離〜中距離であることが殆どです。

    全国対応とうたっている場合、自社対応以外のエリアは他社に協力依頼する為、そのマージンが発生し、引越し料金が割高となるのがデメリットと言えるでしょう。

    遠距離引越しは、全国に拠点を展開している大手の方が料金も安い傾向があります。

  • サービスやプランが少ない

    多くの大手引越し業者に用意されているオプションサービス。例えば、

    • 荷造りや開梱迄全て任せられるお任せパック

    • 食器や衣類をそのまま梱包できる「エコ梱包資材」の提供

    • 学生限定の学割パック

    • ペットやマイカーの輸送サービス

    • 女性スタッフによる引越しサービス

    • カーゴ単位の単身パック等のサービス

    等は、準備に多様なコストがかかる事が多く、中小企業では提供していないケースやオプションサービスが少ないところが多いようです。

    従って、様々なオプションサービスを利用して、費用がかかってもいいから、ラクに引越したいという人は大手業者の利用がおすすめです。

    (とはいえ、中小企業は、顧客の依頼に柔軟に対応する姿勢であることも多い為、たとえプランとして用意されていなくても、何らかの形で解決策を提示してくれる可能性はあります。)

  • 補償内容が大手業者より劣ることがある

    荷物や建物の破損については保険で補償されるといっても、その内容が中小業者は大手より劣るケースがあるので注意が必要と言われます。

    特に中小業者の場合、補償支払い上限や、条件等が、大手業者と比較すると不十分なケースもあるようです。

    高額な荷物、大切な荷物がある場合は事前に補償範囲や金額等について確認した方がよいでしょう。また、トラブル対応の回数や経験が少ない為、対応に不安があるのもデメリットの一つと言えるでしょう。

  • クチコミや体験談が少ない

    中小業者の利用者数は大手業者と比較すると、どうしても少ない為、口コミや体験談の数が乏しく、情報が得にくい為、判断材料が少ないのもデメリットと言えます。

引越し業者を選ぶ時のポイント

複数業者の相見積もりは必須です!

こういった中小業者の特徴から、近距離、中距離の引っ越しなら地域密着の中小業者の方が安い可能性が高いと言えます。

ただ、時期やタイミングによっては大手企業もかなり値引きすることもあるので、最初からどちらかに決めつけて選ぶのは得策ではありません。

では引越業者を選ぶ際にどんなことに気をつけたらよいでしょうか。

知名度だけで決めずに、料金をしっかり比較する

大手企業の知名度には安心感がありますが、それだけで決めてしまうと損をする可能性も。

大手は遠距離引越しに強いですが、中〜近距離引越なら地域密着業者の方が料金が安いことも多く、更に地元の評判を大切に考え丁寧、親切な接客や、大手に劣らない柔軟なサービスを提供している業者も多数存在しています。

見積もり依頼する際に、知名度だけで選ぶのではなく、しっかりと料金を比較することが大切です。

対応時の印象を大切にする

メールや電話での連絡、訪問見積もり時の対応などもチェックポイントとなります。

例えば、

  • メールの宛名が間違っている

  • 電話連絡してくる時間帯が夜遅い

  • 訪問見積もり時の営業トークが強引

等で、担当者の対応が信頼できなければ、たとえ金額がどんなに安くても飛びつかない方がいいかも。

特に中小企業の場合、営業担当者が現場作業も兼務していることがあります。

正直「この人に引越作業を任せたくない」と感じたなら、やめた方が無難です。利用者への対応には、その会社の姿勢、社員教育などが出るからです。

(中小業者は地元でのクチコミ評判を大切に営業しているケースも多く、中小だから印象が悪いということではありません)

口コミや体験談も参考にする

引越しの口コミや体験談はあくまでも利用者の個人的感想であり、同じ企業でも作業員の質が一定ではない為、絶対とは言えません。

とはいえ、見積もりから依頼までの流れや、トラブルの対応などは同じ企業であればかなり参考になる部分があるのも事実。

また、地域密着中小業者は地元での評判を大切にしていることが多く、大手に負けないサービスを心がけていることが体験談からわかることがあります。

自己責任ですが、口コミや体験談を探して確認することも、業者選びの大切な材料になるでしょう。

まとめ

地元密着の中小業者のメリットは、

  • 近距離〜中距離の引越料金が安い

  • 大手に負けない工夫や柔軟な対応が期待できる

  • 営業も作業も完全自社対応で責任所在が明らか

一方デメリットは、

  • 遠距離引越は割高

  • 選べるプランやオプションが少ない

  • 補償範囲が狭い、トラブル対応に不慣れ

等があげられます。

これらをふまえた上で、料金、訪問見積もり時の対応、口コミ評判などを参考にしながら、引越業者を選ぶことが大切です。

引越し料金を安くするための5か条

見積もりは最大50%の差がつく!!  ここで比較すれば間違いなし!!

引越し一括見積もりで一番安い業者をチェックする!

▲200社以上の中から希望の業者に無料で見積もり依頼ができます!▲