荷物少ない 引っ越し

少量荷物の引越しが安い単身プランとヤマト宅急便の料金を比較してみた

少量荷物の引越し料金を計算する一人暮らしの女性

単身引越しなどの荷物が少ない引っ越しをするなら、引越し業者の単身パックやミニ引越しプラン、ヤマト宅急便のどれを利用するのが一番お得でしょうか。

ただ、荷物が少ないといっても、ダンボール(衣類や雑貨)、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、ベッド等の組合わせは様々。全体の荷物量も人それぞれなのでで、一概にどの引越し方法が一番安くなるとは言えないもの。

そこでこの記事では荷物少ない引っ越しを出来るだけ安くするために、同じ荷物量をそれぞれのプランで頼んだら料金はいくら位になるのか、荷物の中身による料金差はどこで出るのかなどを調べてみました。

荷物の少ない引越しのモデルプラン

まず、荷物少ない引っ越しの荷物量の目安として、専用のコンテナボックスを利用するヤマトホームコンビニエンスの単身パック「単身引越サービス」で表示されている荷物の詳細をご紹介します。

<単身引越サービス専用の1BOXに積める荷物量の目安>

クロネコヤマト単身引越サービスの専用BOX

  • ダンボール箱120サイズ×約10箱
  • 冷蔵庫(2ドア)
  • 全自動洗濯機(4kg)
  • 電子レンジ
  • ふとん袋 1袋
  • スーツケース 1個

※コンテナボックスの内寸:1.04m×1.04m×1.70m=1.83m3

※ダンボールのサイズ:350mm×430mm×310mm

上記の1ボックスに入る荷物をヤマトの「単身引越サービス」で輸送した場合、

  • 東京→東京17000円(税抜)

  • 東京→大阪28000円(税抜)

上記料金(定価=割引無しの場合の料金)で依頼できます。

参考⇒単身パックの料金と運べる荷物の量

宅急便で引っ越した場合の料金

クロネコヤマト宅急便の運賃表

ではこのモデルケースと同様の荷物を、「ヤマト宅急便」と「らくらく家財宅急便」(ヤマトの大型荷物専用宅急便)で運ぶと料金はいくらになるのでしょうか?

▼東京⇒東京の輸送料金(ヤマト宅急便+らくらく家財宅急便の料金)

ヤマト宅急便(※注) らくらく家財宅急便
ダンボール120サイズ×10:13600円 冷蔵庫(2ドア):6850円
電子レンジ:1580円 全自動洗濯機(4kg):6850円
スーツケース1個:1580円 ふとん袋 1袋 :6850円

合計 37310円(税抜)

▼東京⇒東京の輸送料金(ヤマト宅急便+らくらく家財宅急便の料金)

ヤマト宅急便(※注) らくらく家財宅急便
ダンボール120サイズ×10:14600円 冷蔵庫(2ドア):8050円
電子レンジ:1680円 全自動洗濯機(4kg):8050円
スーツケース1個:1680円 ふとん袋 1袋 :8050円

合計 42110円(税抜)

※電子レンジ、スーツケース1個はそれぞれ140サイズダンボールを使用。

※冷蔵庫(2ドア)・全自動洗濯機(4kg)・ふとん袋 1袋はらくらく家財宅急便のCランクサイズ。

※ヤマト宅急便は複数口減額適用(同一届け先に同時に2個以上の荷物を送る場合1個につき100円減額となる。適用にて計算しています)

尚、上記料金は定価(複数口減額のみ適用)ですが、年会費無料のクロネコメンバーズに登録すると、クロネコメンバーズカードに事前にチャージで、宅急便の送料が最大15%割引きになります。

ヤマトの単身引越サービスと宅急便はどちらが安い?

ヤマト宅急便と単身パックの料金を比較

つまり、両サービスの輸送料金の差をまとめてみると、

輸送方法 東京→東京 東京→大阪
単身引越サービス(単身パック) 17000円(税抜) 28000円(税抜)
宅急便+らくらく家財宅急便 37310円(税抜) 42110円(税抜)

となり、この荷物量であれば東京→東京、東京→大阪、どちらも単身引越サービス(単身パック)を利用した方が圧倒的に安いのがわかります。

なぜ「宅急便」を使った引越しが高くなるか?というと、その理由は「らくらく家財宅急便」の料金が高いから。

例えば上記の場合、2ドアサイズの冷蔵庫1台が

  • 東京→東京: 6850円
  • 東京→大阪: 8050円

となり、単身引越サービスの料金と比べると、僅か荷物1つなのにかなり割高と言えます。

もし、荷物がダンボールのみであれば宅急便を使っての引越しと比較検討の余地があるのですが、冷蔵庫や洗濯機等がある場合は、明らかに単身引越サービス(単身パック)が安いと言えます。

参考⇒ダンボールのみの引越しなら単身パックと宅配便どっちがお得?

格安な単身プランやミニ引越しプランの料金は?

アーク引越センターのミニ引越しプラン

ではコンテナボックス(単身パック)ではなく、トラックに直接積み込んで運ぶ、いわゆる荷物の少ない引っ越し専用の「単身向け引越しプラン」や「ミニ引越プラン」の料金と比べると、どうでしょうか。

単身向けプランやミニ引越しプランでは移動距離と荷物量、対象地域等を限定していることが多いのですが、その条件にあてはまれば、かなりお得な料金で引っ越せます。

どのようなプランがあるのか、ホームページに料金が記載されていた格安プランをピックアップしてご紹介します。

<ダンボール+家電有りの格安プラン>

 

ケーエー引越センター「超節約プラン」
  • 料金:10500円〜
  • 地域:同一区内、または隣接する区への運搬(20q以内)
  • 荷物量:ダンボール50個相当
  • その他:低層階から低層階限定、平日限定、作業員1名、手伝いが必要
クフク引越センター「ご単身引越しプラン」
  • 料金:14000円〜
  • 地域:東京23区・埼玉・神奈川・千葉から20q以下
  • 荷物量:2トンショートトラックに積めるだけ
  • その他:エレベーター無3階以下・有6階以下、作業員2名
ファミリア引越サービス「女性単身定額サービス便」
  • 料金:28000円(開始時間おまかせ24000円)
  • 地域:横浜、川崎、大和、鎌倉、藤沢、逗子、相模原、座間、綾瀬
  • 荷物量:1.5トントラック
  • その他:全行程4時間以内、作業員2名、訪問見積無し
ハイ・グッド引越センター「単身男性パック」
  • 料金:平日15750円 / 土日21000円(午後フリー便なら割引あり)
  • 地域:福岡県内指定エリアのみ
  • 荷物量:軽トラック
  • その他:作業員1名、重い荷物は手伝いが必要
赤帽首都圏
  • 料金:13500円
  • 地域:首都圏
  • 荷物量:軽トラック
  • その他:20q以内、作業2時間以内、作業員1名、手伝いが必要

単身プランやミニ引越しの中には、ダンボールのみで短距離なら10000円以下のプランもあり、宅急便を使うより安く引っ越せます。

また、モデルプランの荷物量でも、近距離であれば単身引越サービス(単身パック)より安いプランもあり、その日のうちに引越しが完了するのは大きなメリットと言えるでしょう。

満足度の高い引っ越しに笑顔の一人暮らし女性

あなたの単身引越しは安くなる!

荷物の量や距離(近距離または長距離)、時期によって最安値となる引っ越しプランや業者、方法は異なりますので、あなたの引っ越しに合った格安な方法を見つけて下さい。

>>単身引越しの料金を格安にする5つの方法

荷物の少ない引越しを格安にするには?

安く引っ越す方法を考える一人暮らしの男性

以上、ヤマトの単身引越サービスのモデル荷物量を例に、荷物少ない引っ越しの料金を、単身パック、宅急便+らくらく家財宅急便、ミニ引越しプランで調べてみました。

上記の料金を参考に、荷物の少ない引っ越しを格安にする方法をまとめてみると

  1. らくらく家財宅急便は割高なので使わない

  2. 近距離ならミニ引越しや単身プラン

  3. 中距離〜遠距離なら単身パック(コンテナボックスによる引越し)

となりそうです。

2と3の場合、引越し時期や具体的な荷物量によって、各引越し業者の見積もりが違ってきますから、複数社の見積をもらって比較するのが料金を安くするコツと言えます。

 単身パックより安い引越しプランが見つかるかも!

ベッドや大型冷蔵庫など、単身パックのコンテナボックスに入らない大型の荷物がある場合や近距離の引っ越しの場合は他の引越し業者の格安単身プランと比較したほうがいいでしょう。

特に近距離の引っ越しでは格安プランを用意している業者は少なくなく、単身パックが最安値だとは限りませんので、一括見積もりで複数業者から見積もりをとり比較するのがおすすめです。

引越し一括見積もりサイト

引越し業者の見積もりは最大50%もの差が出るそうなので、少しでも安く引っ越したいなら、見積もり比較は重要です。

安心の大手から地元で人気の優良業者まで260社以上の中から希望の業者に見積り依頼でき一番安い業者を簡単に見つけることができます。

日通 ヤマトホームコンビニエンス      

入力は初めてでも簡単、僅か1〜2分!しかも無料!