単身赴任 引越し準備

単身赴任の引越し準備を効率よくすすめる為の手順とは?

単身赴任が決まったら、初めにやるべきことは?

単身赴任は発令から引越し迄の時間が殆どありませんから、やるべきことに優先順位をつけて、効率よく準備を進めなければなりません。

手続きの見落としはないか?スムーズに引っ越しできるように単身赴任するまでにやるべきことをチェックして、計画的なスケジュールを立ててください。

 

単身赴任するまでの流れ

一般的に発令から赴任までに、まずやるべきことは「新居探し」と「引越し準備」です。

新居探し

大手企業で独身寮に入寮できる、会社が用意した借り上げ社宅があるといった恵まれたケースを除いては、自分で手配しなければなりません。

また、家族を残す単身赴任の場合、できる限り家賃は抑えたいもの。

一般賃貸で安い物件を探すのも一案ですが、家具家電付き賃貸住宅は初期費用が安く済むだけでなく、引っ越し荷物が少なく引越し料金の節約にもなりますし、退去の際も身軽というメリットがあります。

家具家電付き賃貸住宅は家賃がやや割高な物件もありますが、短期でスムーズに引っ越したい単身者にはおすすめです。

こういったことも含め、現地の不動産事情についてはネット情報、不動産屋への電話で確認し、ある程度絞り込んでおくといいでしょう。

また物件見学から契約まで1日で完了する予定なら、必要書類を事前に聞いて準備しておきましょう。

引越し荷物の確認

新居を決めたら引越しに持参する荷物をリストアップしましょう。

ベッド、洗濯機、冷蔵庫、エアコンなどの大型家具家電は新居に入ってから購入するのか、こちらから持参するのかで荷物量を左右します。引越し見積り料金も変わってきますので、あらかじめ決めておきましょう。

引越し業者を探す

新居、荷物が決ったら、引越し業者を探します。

単身引越しは各業者に様々なプランが用意されています。

引っ越し業者にいちいち連絡して見積りを比較するのは時間と手間がかなりかかるので、ネットの一括見積りが便利でしょう。

3〜4月の引越し繁忙期は希望日時に引っ越し業者の予約がとれないことも多い為、とにかく早めに見積り依頼することが大事です。

満足度の高い引っ越しに笑顔の一人暮らし女性

あなたの単身引越しは安くなる!

荷物の量や距離(近距離または長距離)、時期によって最安値となる引っ越しプランや業者、方法は異なりますので、あなたの引っ越しに合った格安な方法を見つけて下さい。

>>単身引越しの料金を格安にする5つの方法

ライフラインの手続き

引っ越し当日から電気、水道、ガスが使えるようにするには、事前にライフラインの手続きが必要です。

ネットや電話で申し込みは出来るのですが、ガスだけは開栓の際に立会いが必要となりますので、注意してください。

単身赴任で住民票はどうする?

市役所の記入台

単身赴任で家族が残る自宅がある場合、単身赴任先に夫の住民票の転出・転入届を出すかどうか、迷うところです。

一般的に

  • 単身赴任が1年未満の予定である
  • 生活の拠点が家族の家にある(週末や季節毎に帰っている等)

といった場合、住民票の転出、転入は義務ではありませんので、そのままにしておいても構わないのです。ただし、以下のようなメリット、デメリットがありますので、自分の状況にあてはめて考えてみてください。

単身赴任手当

住民票を転入すると、会社規定により様々ですが単身赴任手当が支給される場合がある。
(会社の総務・人事に確認してみましょう)

行政サービス

住民票を転入すると、引越しし先の自治体で行政サービスは住民票があるを受けられる。
(無料健康診断など)

運転免許証の更新

住民票のある都道府県でしか更新手続きが出来ない。
(ただし、優良運転者で誕生日前なら都道府県公安委員会経由で更新手続きが可能)

パスポート取得

パスポートの取得は住民票のある都道府県で手続きとなる。

選挙

住民票のある自治体での投票するので、住民票をそのままにしている場合は不在者投票を利用します。

世帯主

夫が単身赴任先に住民票を転入した場合、自宅の世帯主は妻となります。

夫が転勤から自宅に戻り住民票を転入する際に、夫を世帯主に変更する手続きが必要となります。

あくまでも一般論ですが、会社員の単身赴任の場合、会社の前例に従う人が多いようです。

手当支給等の手続きをする部署(人事、総務など)に事前相談するといいでしょう。

単身赴任先での必需品やあると便利なもの

単身赴任先で住む部屋

家具家電付き物件ではない場合、ある程度必要なものを揃えなくてはなりません。

引っ越した当日から必要なもの、すぐに揃えたいもの、様子を見て考えたいもの等、優先順位は異なります。

引っ越し当日に絶対に必要なもの

あるのが当たり前のように思えますが、

  • 寝具一式(ベッドでも、布団でも)
  • カーテン
  • トイレットペーパー

この3点が無いと安心して寝ることもできません。

すぐに荷解きできる段ボールに入れておきましょう。

現地調達でもいいのですが、周辺の買物事情が不明だと当日買えなかったということもありえます。引越しし荷物として準備しておく方が安心だと思います。

引っ越し当日にすぐ使いたいもの

  • 歯ブラシ、歯みがき粉、シャンプー、リンス、ボディソープ
  • タオル
  • 私服1、2組、室内着

はすぐに使いたいもの。

これらもトイレットペーパーなどと一緒に梱包しておくと便利。

また、出勤日からスーツ一式も必要な人はすぐ出せるように梱包しておきたいですね。

生活雑貨類

食事、洗濯、掃除等で必要になる最低限のものは最初から引越しし荷物に入れておくと便利です。自炊するかどうかで揃えるものは変わりますが、最低限

  • 食器類1組(箸、ご飯茶碗、お椀、丼、お皿大小、マグカップ)
  • 鍋(お湯を沸かすのにも使える)
  • スポンジ、食器洗い用洗剤、布巾
  • ぞうきんと洗剤
  • 洗濯用ピンチ、洗濯洗剤、ハンガー少々

があればよいでしょう。

家電

単身赴任で最低限必要とされている家電は

  • 電子レンジ
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • テレビ

等です。人によって必要な家電は異なりますが、とりあえずこの4種類は無いと生活出来ないでしょう。

家電量販店では「一人暮らしスタートセット」なども用意されていますので、直接配送してもらうと引越し荷物が減らせて便利です。

炊飯器は最低限必要との意見もありますが、米を買い、といで、炊いて、保存して、食べきる、お釜を洗う、という作業すらメンドウで無理、という人もいれば、レトルトご飯や冷凍ご飯(自宅から送付してもらう)で乗り切る人もいます。

全て外食の人、殆ど自炊の人など、人それぞれですので、炊飯器は最初から買わずに様子を見てもよい家電ではないでしょうか。

廃棄予定があるならレンタルも

自宅へ戻る時に、家電一式が不要となる可能性が高い人にはレンタルも選択肢の一つです。

ヤマトホームコンビニエンスの「クロネコおまかせレンタル」は、単身生活に必要な商品を必要な期間レンタルできるサービス。

買う手間、廃棄処分の手間、引越し荷物に加える手間が解消される為、あえて買いたくない人に人気です。環境にもやさしいサービスですね。

中古または新品で価格が異なりますが、例えば上記4家電レンタルの場合、中古2年契約で66800円、1日あたり92円換算。1種類1ヶ月からレンタル可能です。

設置と廃棄の手間もなく、単身引越しサービスと同時利用なら引っ越し当日から使えるのも魅力。

知っておくと便利!急な転勤時に使えるサービス

急な引越しの際に便利なサービスがあります!

突然訪れる単身赴任の辞令と引越し、困った時に使える、覚えておくと便利なサービスをご紹介しておきます。

荷物一時預かりサービス

急な辞令で単身赴任先の新居が決まっていない場合や遠方への引っ越しで先に荷物が届く場合などに便利な「荷物一時預かりサービス」。

荷物一時預かりサービスは引越し業者のサービスやトランクルームで利用することができます。

引越し業者による荷物一時預かりサービス

 

メリット
  • 引越し業者がしっかり梱包してくれて保管配送の手続きがラク。

  • 少ない荷物で保管期間が短い場合は引越しし料金に含まれる場合もある。

デメリット
  • 預けた荷物の一部が急に必要になっても自由に荷物を出し入れできない。

  • 預ける期間により保管方法が違うため毛皮や革製品などのデリケートなものの保管に不向き。

トランクルームを使った荷物一時預かりサービス

 

メリット
  • 預けた荷物を自由に出し入れできる。

  • 温度・湿度が管理されているので皮製品など大事なものも保管できる。

デメリット
  • 自分でトランクルームに荷物を運搬しなくてはならない。

  • 契約時に敷金礼金や会員登録料に事務手数料、何かあったときのため火災保険や盗難保険など保険料が必要。また解約時も解約手数料や鍵の交換にかかる費用などが必要になる場合も。

転居手続き代行サービス

単身赴任の引越しに伴い必要となる様々な手続きを代行してくれるサービスがあります。

どうしても自分や家族ができない場合には助かりますね。

ズバットらくらく引越し手続き

ライフライン(水道・ガス・電気)や新聞にNHKの受信料までの住所変更手続きを無料でできますが、申し込んでから完了するまで約1週間かかりますので利用する時は早めに申し込みましょう。

アートワンストップサービス

電気、郵便、新聞、NHKの受信料、こくみん共済などの住所変更やお車の無料出張サービス、本やCDの無料査定、ネットのプロバイダの紹介までしてもらえます。

日本行政手続き代理システム

転出、転入届(国民健康保険、国民年金などの手続き含む)や住民票取り寄せ、公立小中学校の転校、転入手続き自動車関連手続き、(車庫証明、車検証住所変更、ナンバー変更)、郵便転送届、パスポート申請などを有料ではありますが民間企業にはできない行政書士法人で手続きしてもらえます。

まとめ

単身赴任の引越しは突然決まることが多いもの。仕事の引き継ぎも大変ですから、引越し準備に時間や手間をかけられない中、いかに効率よく進めていくかはとても重要です。知っておくべきサービスやポイントをおさえて、段取りよく準備していきましょう。

引越し料金を安くするための5か条

見積もりは最大50%の差がつく!!  ここで比較すれば間違いなし!!

引越し一括見積もりで一番安い業者をチェックする!

▲200社以上の中から希望の業者に無料で見積もり依頼ができます!▲