単身引越し  料金

単身パックが一番安い?単身パックと単身プランの違いは?

一人暮らしの女性に最適な安い引越しプランを検索中!

単身引越しなら単身パック、と思う方が多いようですが、必ずしも単身パックが一番安いとは限りません。

荷物量や距離、日時などによって、もっと安い引越しプランも存在します。

単身引越しを安くする為には、パックとプランの違いや、特徴などを抑えた上で、しっかりと見積りを比較検討することが大事です。

 

単身パックとは

単身パックは特定サイズの専用コンテナボックスに荷物を入れて輸送する引越サービス。

日通単身パックのボックス

宅急便と違い、コンテナボックスに入る大型家具家電は作業員が梱包、搬出入してくれるので女性でも利用しやすいサービスです。

一般的に「単身パック」と呼ばれていますが、これは日本通運の登録商標の為、他業者は

  • 単身引越サービス(ヤマトホームコンビニエンス)

  • カーゴプラン(SGムービング)

  • 小鳩パック(ハトのマークの引越センター)

等の別の名称でサービス提供しています。

また、単身パックの料金は指定サイズのコンテナボックス1台でいくら、と設定されています。決まったサイズでまとめて輸送するため、料金が安くなる仕組みです。

ただし、1台に荷物が入りきらず2台になると料金が倍になり、かなり高くなることもあるので荷物量には注意が必要です。

単身パックの見積もり方法

見積もりは訪問見積もり不要で、インターネット又は電話で受付けが可能です。

引越し希望日、現住所、新住所、家財の種類と量について伝えると、必要なコンテナボックスの数と金額が提示されます。

2台になってしまう場合は料金が高くなる為、単身プランに変更する、荷物を減らして1台に入るようにする、のいずれかの対応が必要です。

単身パックの荷造り

単身パックといっても、引越し業者が搬出、大型家具家電の梱包はやってくれます。
引越し迄にしておくことは、普通の引越しと同じ荷造りです。

なるべく荷物を無駄なく入れる為にカラーボックス内、衣装ケース内は「持てる程度」の重さで衣類等を入れておきましょう。

荷物受け取り

荷物は基本的に最短で翌日到着となります。たいてい時間指定が出来る(料金別の場合が多い)ので、自分の都合に合わせて依頼します。

ただし、シーズンによって変わることもあるので、直接引越し業者に確認しておきましょう。

単身プランとは

アリさんマーク引越社のミニ引越しプラン

単身プランは一般的な引越しの荷物が少ない人向けプランのこと。

荷物量によって使用するトラックサイズを(バン、軽トラック、1.5トントラック等)決めて輸送します。

単身プランは単身パックと違い、作業員1〜2名分の人件費がかかることもあり、一般的には単身パックより料金が高くなります。。

尚、赤帽は作業員兼ドライバー1名が軽トラックで輸送してくれる単身プランと言えますが(家族引越しの利用も可能ですが)、通常、近距離であれば、単身プランより割安です。

単身パックのメリット・デメリット

単身パックのメリットやデメリットについてもう少し詳しく見ていきましょう。

単身パックのメリット

 

訪問見積り不要

単身パックはコンテナボックスの容量が決まっており、入る荷物種類の目安がある為、電話で見積もりが可能です。

一人暮らしで訪問見積もりの時間的余裕が無い、女性の一人暮らしで訪問見積もりが不安といった方にはメリットが大きいプランですね。

格安料金で利用できる

単身パックのコンテナボックスは1台のトラックに複数の荷物を混載する為、人件費、燃料費、高速代金等の節約につながり、格安の料金設定となっています。

さらに、1台に荷物がおさまる場合、追加料金の発生も無い為安心です。

単身パックの料金についてはこちらも参考に⇒単身パックの料金と運べる荷物量を比較

紛失・破損トラブルが少ない

コンテナに入れたまま目的地迄運ぶ為、人の手による荷物の積み替えがないので、紛失や破損の危険が低いのもメリットの一つです。

作業員による搬出入

大型家具などは作業員が梱包、運び出し入れしてくれる為、赤帽のように依頼人が手伝う必要はなく、女性でも利用しやすいプランです。

単身パックのデメリット

 

当日届かない

単身パックは基本的に翌日以降の到着となります。

時期や距離によっては数日かかることも。賃貸物件の退去日に単身パックで荷物を出しても、その日のうちに新居に荷物は届きません。

何も届かない新居で途方にくれるといったことがないように、配送スケジュールを事前に確認しておきましょう。

荷物量に制限がある

決められたコンテナボックスに入りきる荷物しか運べないので、荷物が多い人には不向き。

ボックスを2台利用するなら一般の単身プランより高くなることもあります。

梱包資材は有料

一般引越プランのように段ボールやテープの無料提供と回収サービスはありません。

また段ボールのサイズによっては、ボックス内でムダな空きスペースが出てしまうこともあります。コンテナサイズを確認してから段ボールを調達しましょう。

サイズについては依頼する引越し業者に相談すれば市販のサイズを教えてもらえます。

単身引越しプランのメリット・デメリット

単身プランは、いわゆる一般的な引越しの荷物が少ないプラン。

一般的には単身パックより割高な印象がありますが、どんな特徴があるのでしょうか。

単身プランのメリットとデメリットを見ていきましょう。

単身プランのメリット

 

荷物量に余裕がある

単身プランはトラック(バン、軽トラック、1.5tトラック等)1台を利用する引越し。

コンテナボックスを利用する単身パックと異なり、荷物量に併せてトラックを選ぶ為、運べる荷物量に余裕があります。

値引き交渉が可能

単身パックよりも高いイメージがありますが、赤帽同様にドライバー兼作業員1名で依頼者も手伝う格安プランもあります。

また、値引き交渉によってはかなり安くなる可能性も期待できます。

ダンボール提供と回収

通常、単身プランは普通の引越しプランと同様ダンボールの無償提供や無料回収の対象です。(ダンボールの無料提供や無料回収を実施している業者の場合)

荷物も当日到着が可能

単身パックは最短で翌日到着ですが、単身プランは距離にもよりますが、通常引越し同様当日到着も可能です。

単身プランのデメリット

単身プランは単身パックより料金が高いというイメージをお持ちの方が多いと思いますが、必ずしもそうとは限りません。

値引き交渉や距離、日時によっては単身パックより安いケースもあるからです。

ただし、単身パックのように分かりやすい料金設定になっていない場合が多いので、しっかりと複数業者のプランを比較検討しないと、高い料金を支払い後悔することになることも。

あえて挙げるなら、より安く引っ越すためには、交渉や比較検討の手間がかかることがデメリットといえるかもしれません。

格安な単身引越しの料金目安は?

引越しの費用を計算する一人暮らしの女性

単身パックや単身プランで運べる荷物の量や最安値料金、プランの条件などをご紹介しますので、検討材料にしてください。

単身パックの最安値や運べる荷物量を比較

単身パック引越しサービスを提供している代表的な大手業者のプランのコンテナサイズ、最安値、荷物目安を比較してみました。

日本通運

  • 単身パックS

    BOXの内寸

    1.08m×0.74m×1.55m

    最安値

    15,000円(税別)〜(WEB割引適用の場合)

    荷物目安

    荷物目安 冷蔵庫2ドア、薄型テレビ20インチ、テレビ台小、電子レンジ、掃除機、カラーボックス(3段)、鏡、布団、日通ダンボールMサイズ4個
  • 単身パックL

    BOXの内寸

    1.08m×1.04m×1.75m

    最安値

    16,000円(税別)〜(WEB割引適用の場合)

    荷物目安

    冷蔵庫2ドア、洗濯機、薄型テレビ20インチ、テレビ台小、電子レンジ、掃除機、カラーボックス(3段)、鏡、布団、日通ダンボールMサイズ5個
  • 単身パックX

    BOXの内寸

    2.279m×1.649m×高さ1.989m

    最安値

    51000円(税別)

    荷物目安

    単身パックS・Lでは入らない、自転車、ベッド、ソファも積み込めるのが特徴。

    ※単身パックXは約150q以上間の引越しが対象で、訪問見積もりになる可能性もあります。

ヤマトホームコンビニエンス

  • 単身引越サービス

    BOXの内寸

    1.04m×1.04m×1.70m 

    最安値

    12,000円(税別)〜(関東同一市区内の場合)

    荷物目安

    冷蔵庫2ドア、全自動洗濯機、電子レンジ、ダンボール10箱、衣装ケース3個、布団袋1袋、スーツケース1個
  • 単身引越サービス(miniタイプ)

    BOXの内寸

    1.04m×1.04m×1.30m

    最安値

    11,000円税別〜(関東同一市区内の場合)

    荷物目安

    ダンボール15箱、衣装ケース3個、布団袋1袋

ハトのマークの引越センター

  • 小鳩パック

    BOXの内寸

    1.10m×0.8m×1.70m

    最安値

    20,000円税別〜(大阪〜名古屋)

    荷物目安

    冷蔵庫2ドア、全自動洗濯機、電子レンジ、ダンボール10箱、衣装ケース3個、布団袋1袋、スーツケース1個

    ※小鳩パックは片道200q以上の遠距離輸送が対象となります。

地域密着業者の格安な単身プランの料金は?

地域密着型引越し業者の中には作業員の数や荷物の量、移動距離、対象エリアなどを限定した格安プランを提供しているところもあります。

明確な料金をホームページに掲載している業者の格安プランをいくつかピックアップしてみましたので参考にして下さい。。

ケーエー引越センター 爆安75プラン

料金

7500円

エリア

東京23区内または隣接するエリア間の運搬

作業員数
手伝いの有無

作業員1名
手伝う部分もあり

荷物量の目安

ダンボール20個以内

・ダンボールサイズ:高さ・幅・奥行の和が150cm以内
・ダンボール1個の重さ:10kg以内

オプション料金

・ダンボール有料(5枚で1,500円、10枚で2,500円)
・エレベーター運搬料金(引越し元・引越し先各500円)
・階段上げ料金(ワンフロア当たり+500円)

ハイ・グッド引越センター 単身男性パック

料金

平日15750円 ・ 土日21000

(午後フリー便なら割引あり)

エリア

福岡県の指定エリアのみ

作業員数
手伝いの有無

作業員1名
手伝う部分もあり(重たい荷物の移動等)

荷物量の目安

軽トラックに積めるだけ

対渉外期間

・年末年始 (12/30〜1/5)
・引越しピーク時(3/10〜4/10)
・お盆(8/13〜8/15)

フクフク引越センター ご単身引越しプラン

料金

10000円〜

(混雑状況等に左右される場合もあり)

エリア

東京23区全域、埼玉、神奈川、千葉の指定エリア(現住所)

移動距離20km以下

作業員数
手伝いの有無

作業員2名
なし

荷物量の目安

2トンショートに積めるだけ

その他の条件

・月曜日〜木曜日(祝日除く)
・引越元・先ともにエレベータ有6階以下・階段3階以下
・開始時間は業者におまかせ

ファミリア引越サービス 女性単身定額サービス便

料金

24000円

(作業開始時間お任せなら20000円)

エリア

横浜、川崎、 大和、鎌倉、藤沢、逗子、相模原、座間、綾瀬

作業員数
手伝いの有無

作業員2名
なし

荷物量の目安

1.5トントラックに積めるだけ

その他の条件

・全行程4時間前後以内
・積地と降地の階層を合計して7階まで

以上のように、条件付きで格安プランを提供する地域密着型業者もありますので、安く引っ越したい方は、地域業者のプラン&自分の条件に合うかチェックしてみてください。

地域密着型業者は近距離引越しなら大手より大幅に安くなる場合もありますので、見積もり依頼の候補にいれることをおすすめします。

大手し業者のミニ引越しプランとは?

料金の目安などは掲載されていませんが、大手業者の中にも、学生や単身赴任、一人暮らしの方など、荷物量が少ない単身者向けのプランを用意している引越し業者があります。

アリさんマークの引越社 ミニ引越しプラン

アリさんマークの引越社のミニ引越しプランは荷物の量に応じて、ミニ・特ミニ・超ミニの3種類の単身者向けプランを用意しています。

エリア

同一区内・同一市内の5km以内

日時

日時指定不可(要相談 3月10日〜4月10日を除く)

作業員数
手伝いの有無

荷物量に応じた作業員数
なし

荷物量の目安

最大3畳の広さに入る荷物量(ミニ引越しプラン)

その他の条件

・梱包荷造り&荷解きは自分で

アーク引越センター ミニ引越しプラン

アーク引越センターも単身者向けのミニ引越しプランを用意しています。(荷物量やエリア、移動距離の条件の記載がかなりアバウトですが)

エリア

比較的に近距離

日時

記載無し

作業員数
手伝いの有無

荷物量に応じた作業員数
なし

荷物量の目安

1R〜1LDK規模の少ない家財量

その他の条件

・梱包荷造り&荷解きは自分で

大手業者の場合、ダンボールや布団袋等の梱包資材の無料サービスが充実しています。

ちなみに提供される無料ダンボール数はアリさん最大20枚・アーク最大50枚。

アリさんは作業終了後の10分間の無料手伝いサービス(簡単な掃除・配置換え、荷解き等)、アークは引越し後の無料ダンボール回収サービスも実施しています。

以上のように、単身パックや格安な単身者向けプランはそれぞれ特徴が異なります。

単身引越しのプランを選ぶ際は、料金以外にも、それぞれのプランで運べる荷物の量や条件、メリット・デメリット等を考慮し、自分に合ったものを選ぶことが、格安、スムーズに引っ越すコツといえるでしょう。

単身パックは、コンテナボックス1台に入るのか、入らないのかが料金を大きく左右するポイントになるので、自分の荷物量のチェックはお忘れなく。

いずれにしろ、単身引越しを安くするためには、単身パックや格安プランのある引越し業者数社に見積もりを依頼し、価格交渉&比較検討することが基本です。

満足度の高い引っ越しに笑顔の一人暮らし女性

単身引越しを安く済ませたいなら要チェック!

荷物の量や距離(近距離または長距離)、時期によって最安値となる引っ越しプランや業者、方法は異なりますので、あなたの引っ越しに合った格安な方法を見つけて下さい。

>>単身引越しの料金を格安にする5つの方法

引越し料金を安くするための5か条

見積もりは最大50%の差がつく!!  ここで比較すれば間違いなし!!

引越し一括見積もりで一番安い業者をチェックする!

▲200社以上の中から希望の業者に無料で見積もり依頼ができます!▲